左がハードキックピストン,右が旧式です.

ハードキック用はノズルの内径が一回り
大きく,ピストンリングがはまる溝も少し
広くなっています.
それぞれ左側がハードキック用です.

インナーピストン(左上)は外径・内径ともに
大きくなっています.

スプリングの強さは同じですがハードキック
用は長いです.

ピストンリングも厚くなっています.
旧式のピストンリングは普通のOリングですが
ハードキック用は断面が台形で,圧縮方向に
は気密性を確保し,吸気方向は滑らかに動くよ
うになっています.

上が旧式シリンダー,下がハードキック用
シリンダーです.
ノズルが当たる部分が上はフラットで
下はカーブしています.
ノズルの比較です.

左が現行タイプ,右が旧式です.
では組み立てです.

ピストンにインナーピストンとスプリングを入れ
ピストンエンドを差しこみます.
ピンの穴を合わせてピンを差します.

穴が合わない時は取り外しの時のように
六角ネジを取付けてレンチで回します.
シリンダー,ピストンをブリーチに取付けて
スライドに戻したら本体側は完了です.

アールノズルのマガジンはこれで使用可能
になりますが,旧式ノズルマガジンはノズル
を交換する必要があります.




                   前へ     次へ      

     93Rトップへ       武器弾薬庫トップへ