【CA870(マルゼンコピー・ノーブランド)】

G&Pがオプションパーツから完成品まで発売していますがこちらは大陸製ノーブランドコピーです。
G&Pでフルメタルにすると軽く電動ガン1丁分を超えますがこちらは最初からフルメタルなのに
実売価格7,500円でした。
激安ですが重量感と剛性は抜群です。
大陸製コピーは工作精度の悪さが問題になりますがこの製品は実用上問題が無いレベルの仕上がりです。
しかしノーマルではパワーオーバーしてしまうのでVSR用スプリングをカットして0.8J未満にしています。
マルゼン製後期型と同様に可変ホップへの加工が可能になっているのでアウターバレルに穴を開けて
イモネジ仕様に加工しています。
単発ですが抜群に安定しているのであなどれない実射性能です。
ノーマルのフォア&リアのグリップは木目模様のプラスチックです。
オリジナルよりはリアルですが安っぽさは変わらないので梨地仕上げにしています。
リアのグリップはパテ埋めで若干形状変更もしています。



素直な弾道で狙って当てられるCA870ですが欠点は「サイトが無い」ことです。
せっかくのコンパクトサイズなのでマウントや光学機器を乗せるのはやめてアイアンサイトを付けてみました。
マルイのベネリ用でも移植しようかと思いましたが元が安い銃なのでお金をかけずにガラクタから
外したサイトを加工して付けました(ちなみにWAフィクスドM6906用です)


ちょこっと雰囲気を変えたかったのでグリップをパテ盛りしてみました。
なお、この製品はマルゼンのフルコピーとはいえグリップ部分の取り付け形状がオリジナルとは異なります。
オリジナルはグリップ後方から1本のボルトで固定しますがこのコピー品は小さなビス3本で両側(合計6本)
から固定します。
G&Pなどのマルゼン互換グリップ類は付かないので注意が必要です。
オリジナルはボルト取り付け穴のカットが構えた時に手のひらに当たって感触が悪いですが、コピー品は
その部分が埋まっているので握り具合はオリジナルより良好です。
しかし側面から見るとビスだらけで見た目が悪いので大きめのビス2本に変更しました。


G&Pのリアルタイプマガジンも使用できますが若干きつめです。
グローブを付けているとマガジンチェンジに手間取るのでノーマル形状の方が実戦的です。


ノーマルマガジンもマルゼンと同じ形ですがこちらはメタル製で重量感があります。
本体への装着感もスムーズでオリジナルより優れています。