GameReport 13
某インドア定例ゲームへの遠征
    2010.9.5(in山口県内秘密の場所)  Report JUNK


「フィールドチェック」
前回のリポートとは異なる場所で半開放型の全体が明るいフィールドである。
所狭しと障害物やバリケートがあり数か所に中二階のような「やぐら」がある立体的な構造だ。
慣れていなくても大まかには障害物沿いに進行することで移動は可能だがわずかな隙間や死角を
利用した攻撃スポットがあるため油断していると全く予想外の所から攻撃を受けてしまう。
さらに外周を左右どちらからでも攻略することで敵の背後に回り込むことができるためゲーム開始から
ある程度時間が経過したら背後の警戒も必要になってくる。
そのため外周右、左と中央の3方向へのバランスを考えた戦力配置と戦闘の音やボディーカウントで
全体の動向を把握することも重要なフィールドだ。

【フィールド中央付近:2階の進行&ギャラリーゾーンから撮影】


今回はガンカメラを使用してゲームの様子を撮影してみました。
高性能な物ではないので画像が荒く音も聞き取りづらいですが雰囲気は十分わかると思います。

【撮影データ】
使用銃:MP9(KSC) サイドレイルにカメラ装着



撮影専属ではなく通常の戦闘に参加しながらの撮影なのでカメラ(銃)を維持するのがとても難しいのです。
普通なら目線だけちょこっと出して様子を見るところもわざわざ銃を出すので大変でした〜
リロード時も極力正面が映るようにしましたが限界もあるのでお見苦しい点はお許しください。
画質が悪いので「何を撃ってるの?」ってシーンもありますが実際には障害物の陰からわずかに見える敵を
撃っています(空撃ちではありませんよ〜)
後半の「ドカーン!」ってのはモスカートです、動画では実際より凄い響きです。

(画像の撮影日時はカメラの設定をしていないだけで実際は2010/9/5の撮影です)
WMVファイルで約25MB ダウンロードされるまでしばらくお待ちください