参加条件

1.年齢18歳以上(現役高校生は不可)
  レギュレーション・マナー・ルールを遵守できること (性別は問いません)
  (特に改正銃刀法に関する注意事項は十分ご確認ください)
  Dフィールドを使用するには「Dフィールド利用誓約書」が必要です。
  書式を印刷・記入の上隊長へ提出してください(誓約書はこちら>
  (見学希望者でゲームに体験参加する可能性がある方もご準備ください)

  20歳未満や大学・専門学校等に通学する学生は保護者の承諾書が必要です。
  「誓約書」と「承諾書」の両方を提出してください(承諾書はこちら>
  現役学生の場合、学校や保護者から禁止されるケースや事故や怪我が発生した場合の
  学校対応等が必要になる場合があります。
  チームでは対応できませんので必ず保護者の了解を得てください。


  ※「誓約書」は個人所有のDフィールドを使用する際の事故免責のための書類であり「入隊届」
    ではありません(「入隊」という形式は取っていません)

2.会費をお支払いいただける方
  メンバーおよび一般参加者
   Dフィールド使用の都度に1日500円の会費を隊長へお支払いください。
  他のフィールドでのゲームでは会費は必要ありません。
  (見学・体験参加・初参加は無料)

3.必要な装備を自分で準備できること(貸し出しはおこなっていません)
  ※故障・破損・紛失などの貸し借りによるトラブル防止を考慮して、チームとしての
   貸し借りや斡旋はおこなっていません。
   同伴者への貸し出し等、自己責任での貸し借りはこの限りではありません。

4.フィールドまでの交通手段を自分で確保できること。
  道案内はいたしますがメンバーによる送迎はいたしません。
  ※同乗中に事故が発生した場合の責任問題および参加者が未成年者の場合に第三者の車に乗車することは
    社会通念上好ましくないとの理由からこのような取り決めをしております。

  フィールドは国道2号線沿い宇部市と山陽小野田市の境付近になります。
  最寄りの交通機関は路線バスのみですが便数が非常に少ないです。
  自家用車かバイクが必要です。
  なお、フィールドの詳細な場所は正式に参加や見学を申込み、隊長の了解が取れた方に
  メールでお知らせしています。
  掲示板での質問にはお答えできませんので管理人へメールしてください。
  メールはこちら> 
t_ocelot@yahoo.co.jp

5.ふさわしくないと判断される場合はすみやかに退会に応じること。

※チームの掛持ちについて
 OCELOTは正式隊員という形式を取らない自由参加型のチーム運営をおこなっています
 よってどこのチームにも所属しない個人参加の方や所属チームがある方でも参加することが可能です。
 ただし所属チームがある方が参加される場合、当チームに参加することで本来のチームへの不利益
 (参加者減少や移籍の疑念等)が発生しないよう十分にご注意ください。

 逆にOCELOTのゲームに参加している方が他のチームのゲームへの参加や所属登録をされても
 かまいませんが、移籍の勧誘行為は禁止とします(↓「掲示板の利用について」も参照のこと)
 チームとして個人活動への干渉はしませんのであくまでOCELOT以外のところでおこなってください。

ゲーム参加について

【フィールドの場所】

場所の詳細は参加者にのみメールでお知らせしています(およその場所は上記「4」を参照)
フィールドまで車両の乗り入れは可能ですが道があまり広くありません。
季節によっては草や枝が車に当たる場合がありますが気にならなければスポーツ車からワンボックスまで一般的な普通車は進入可能です。
駐車スペースは詰め込みになるので途中で出入りする場合は駐車場所の調整が必要です。

【ゲーム進行】
基本的には10時集合ですがアバウトなので準備や調整などをして実際にゲームが始まるのは11時頃になります。
通常は午前中に2〜4ゲーム、午後は4〜6ゲーム程度を行いますが気候や人数によって変わります。
基本的に雑談を交えながらゆっくりとした進行になります。

昼休憩は12時〜13時、ゲーム終了は15時半頃がおよその目安です。

【食糧・飲み物】
付近に飲食店はありません。(近くの飲食店は日曜店休日です)
フィールドから400m程度の所にコンビニがあります。
昼休憩時に外部に食事に出ることも可能ですが迷彩服での出入りは禁止なので着替えが必要で、駐車状況に
よっては車が出せない場合があります(基本的には出せないとお考えください)
コンビニ利用の場合も徒歩になることがあるのでフィールドに入る前に準備されることをお勧めします。
最寄の自動販売機まで約300m、コンビニまで約400m)

※夏場は熱中症防止のため特に大量の水分が必要です。
最低でも2Lクラス1本以上は準備しましょう。

【掲示板の利用について】
参加や見学希望を掲示板へ書き込みされる方がおられますがフィールド情報などの詳細については
公にしていないためメールのみで対応しています。
必ずメールでご連絡ください t_ocelot@yahoo.co.jp

参加前のコミュニケーションや銃や装備などの質問は掲示板をご利用ください。

ハンドルネームは継続して使用可能なものにしてください。
「初心者」「見学者」などは個人が特定できず参加を重ねれば必ず変更しなければなりません。
また社会通念上好ましくないものや卑猥な表現も避けてください。
例:「殺し屋」「通り魔」「殺人鬼」など

大会遠征や他チームのゲームへの参加について
OCELOT遠征として大会や他チームのゲーム、メンバー主催のイベント企画等への参加を募る場合は
掲示板を使用します。
人数が集まらず個人で参加することになっても削除の必要はありません。
招集目的でなくても大会やイベントの紹介の書き込みは可能です。
はじめから個人で参加する場合(完全な個人活動)の書き込みや予告は必要ありません。


【すでに参加しているメンバーによる紹介】
・すでにOCELOT定例に参加されて誓約書を提出している方が同伴者を連れて来られる場合は管理者への
 事前申請は必要ありません。
 (※参加条件をクリアしていることは必要です)
・参加人数の把握があるので掲示板で新規参加または見学者を連れてこられることを書き込んでください。
・必要事項の説明や準備等は同伴者が責任を持っていただきます。
・ゲームへの参加(体験参加)は利用誓約書をご準備ください(見学のみは不要です)
・フィールド情報を第三者やネット等に公にしないよう注意してください。

銃刀法に関する注意事項

0.98Jを超えるトイガンの所有(使用の有無は関係なし)は違法となり取締りの対象になります。
たとえ分解していていても組み立てて使用できる状態であれば取締りの対象となり通報があれば
警察による立ち入り調査も行われます。
必ず作動・再生できない状態で処分してください。

OCELOTのフィールドは個人所有の土地ではありますが、購入の際に地元自治体に使用目的等の
説明をおこなっており、地域的には公になっています。
それゆえに問題が発生すると地域住民のみなさまにもご迷惑をおかけするため必ずルールを守ってください。

1.チームレギュレーション(下記参照)を遵守すること

2.レギュレーションを超える銃は現地に持ち込まない
  ゲームで使用しなくても警察の検査が入った場合は現地にある物は全て測定されます。
  無用なトラブルを防ぐためOCELOTのレギュレーションを超える銃は持ち込まないようお願いします。

3.初速の測定は事前に行うこと。
  フィールドに準備する測定器はあくまで最終確認用です。
  前項の「持ち込まない」を実践するためにかならず事前に初速を測定し、クリアした物を持参して
  現地での最終チェックを受けてください。
  パワー不明の銃を初速測定目的で持ち込むのは厳禁です。

4.0.98Jを超える銃を所有している者のゲーム参加は認めない。
  ゲームでの使用に関係なく銃刀法違反の銃を所有している者の参加はお断りします。
  チームで参加の場合は責任者の方でメンバー全員が違反銃を所有していないことを確認してください。

Dフィールドに限らず、複数のチームが交流するフィールドでは何か問題が起これば全て同じ
グループとして扱われます。
軽はずみな考えや行動で誰かが摘発されると近隣のチームだけでなく全国のトイガンユーザー
に多大な迷惑をかけることになります。
これ以上トイガン環境が悪くなることがないよう十分注意していただくようお願いいたします。

レギュレーション   

※可変ホップの場合、機種によってはホップをかけることでノンホップ状態より初速が上がる場合があります。
 初速の測定はノンホップと適正ホップ両方の値を測定することをお勧めします。
 固定ホップの場合も使用する弾のメーカーや重さにより初速に違いが出ることもあります。
 どのような条件でもレギュレーションが超えないよう注意しましょう。


使用可能な銃:銃刀法に抵触せず、初速が当チームレギュレーションをクリアしているトイガン全般
   
 @電動ガン・ハンドガン等、フルオートおよびセミオート(トリガー操作のみで連射可能な物)
   0.8J(0.2g使用で89m/s)以下とする。
   ただし、国産ノーマル製品に限り箱出し状態で0.8Jを超える物に関しては初速測定のうえ
   過度のオーバーでないものであれば使用可能とします。
   機関部がノーマルでもインナーバレルやチャンバー交換など初速に影響するパーツの交換は
   カスタム品とみなし0.8Jを適用します(外装のカスタムは可)
   海外製品は輸入時に何らかの減速加工をしている物がほとんどなので、国産の「ノーマル」特例は
   適用されません。

 Aボルトアクション・エアコッキング等、トリガー操作のみでの連射ができず、装填・発射準備のための
  行程が加わる物
0.9J(0.2g使用で95m/s)以下とする。
  エアコッキング・ガスなどパワーソースは問いませんが切り替え操作などで連射(フル・セミ)が可能なものは
  @を適用します。 

          【0,8Jの参考値】
             0.20gのBB弾使用時  89m/s以内(0.79J) ※90m/sは0.81Jとなります
             0.25gのBB弾使用時  80m/s以内(0.80J)
             0.30gのBB弾使用時  73m/s以内(0.80J)  

          【0,9Jの参考値】
             0.20gのBB弾使用時  95m/s以内(0.9J)
             0.25gのBB弾使用時  85m/s以内(0.9J)
             0.30gのBB弾使用時  77m/s以内(0.89J) ※78m/sは0.91Jとなります 

         ※BB弾の成分について:
           原則としてバイオ弾(生分解タイプ)を使用する。
           環境対応型BB弾の代用も可とする。
           バイオ系BB弾が存在しないスナイパー専用弾や8mmBB弾については
           使用弾数が極めて少ないため非バイオ系弾の使用を認める。


これから始められる方に「BB弾選択の目安」
一般的にBB弾は重い方が弾道安定・ブッシュの貫通力アップなどのメリットが
ありますが,重ければそれなりにパワー・排気量を必要とします.
パワー・排気量が足りないとホップがかかりにくくなり飛距離も低下します.
パワーが落ちる分,ブッシュの貫通力も低下してメリットがなくなるので自分の
使用する銃と戦闘パターンに合った弾を選択しましょう.

以下はあくまでも目安です.

 ・0.2g   最も無難な弾でハンドガンから大型ライフルまで使える.
        HOPをうまく調整して着弾地点を把握すればノーマル銃でもかなりの
        飛距離を稼ぐことが可能.
        銃によってはHOP・弾道が乱れる可能性有り.
        弾の使い分けが面倒な人はこのあたりがお勧め.

 ・0.25g  一般的な銃はメーカーが0.25を推奨しているものが多い.
         比較的弾道が安定するが0.2gと比較すると若干飛距離と初速が落ちる.
         小型のハンドガンやサブマシンガンの中にはHOPを最大にしても弾道
         が落ちる機種もあるので注意.
         逆に0.2gでは弾道が安定しない,HOPがかかり過ぎるといった場合には効果的.
       
 ・0.3g 主に大型スナイパーやボルトアクションライフルで使用する.
        パワー・排気量のある銃で使用すれば安定した弾道とブッシュ貫通力を
        得ることができる.
        普通のハンドガンやノーマルの電動ガンでもとりあえずは発射できますが
        あまりHOPがかからず,飛距離が伸びないケースがあります.
        チームや大会によっては使用できない場合があるので事前に確認することをお勧めします。
        (OCELOTでは使用可能)
       
 ・0.2g未満
       HOPがかかりにくい,HOPが無い・使わないといった場合にお勧め.
       ただし弾道が安定しなかったり風の影響を受けやすいので主にインドア戦向き.
       モスカート等に使用すると飛距離とコストを稼ぐことが可能
     

ゴーグル: 対弾性のある(ゲーム専用の)ものを使用する。   
           ・顔全体を守れるもの(フェイスガード付き)がより望ましい.
            ゲームの性格上顔面に被弾する可能性は非常に大きいです.
            至近距離で被弾するとかなりひどいアザになります.
            ガード範囲が少ないゴーグルでの負傷は自己責任となります。
           ・ゲーム中にレンズの曇りを取るのは危険なため,曇り止めスプレーの使用をお勧めします.
           ・高価になりますがサーマルレンズ(曇り止めレンズ)のゴーグルを使用すると視界も広く
            て見やすいです.(5千円前後のものも出回っています)
           ・メッシュ(ネット)タイプは曇らないメリットがありますが粉砕しやすいバイオ系BB弾は
            ネットの隙間を抜けて破片が目に入る可能性があるのでご注意ください。
                       

戦闘服: なるべく肌が露出しないようなものを着用する.
         ・チームでの統一はしていないので服の種類や迷彩パターンは自由.
         ・十分にガードできればGパンや作業着でもOK. 
         ・なるべく帽子(ヘルメット)も着用しましょう.
          頭部の保護はもちろん,藪の中はくもの巣が多いので頭が大変なことになります.
         ・手袋は指付きのものをお勧めします.
          指なしタイプは細かな作業がしやすいですが,木や草で指先を負傷したり指に被弾する
          可能性もあります.
      
その他の装備:  無線機:OCELOTでは標準装備としての無線機による味方との通信は行っていません。
                       無線機を持っている者同士が同じチームになった場合に使用することがありますが
                       いつも使用機会があるとは限りません。
                       あくまで「マニア向け」アイテムなのでわざわざ準備する必要はありません。
              
                       ※ヒット後に敵情報を無線で味方に知らせる行為は厳禁です

           ラバーナイフ類: ラバーナイフやピコピコハンマーなどのアタックアイテムも使用可能ですが
                       怪我をする恐れのない安全な物に限ります。
                       危険なアタックはせず相手にタッチする程度にしましょう。
 

基本ルール
 
 1.着替はフィールドで行い迷彩服等で公共の場所に出ないこと。
   銃はケースやカバーで人目に付かないようにして運搬すること。
 2.ゲーム中以外は,銃のセーフティーをかけ,トリガーに指をかけない. また,銃口を人に向けない.
 3.ゲーム開始前には必ずゴーグルチェックを行い,ゲーム中およびセーフティーゾーンに戻るまでは
   絶対にゴーグルをはずさない
 4.味方の弾,跳弾や木などに当たって上から落ちてきた弾が触れても「ヒット」とする.
   (銃や装備に当たっても同じくヒットとなる)
   状況的に「当たったかもしれない?」という時は自主的に退場しましょう。
 5.ヒットした者は「ヒット」コールし,「銃を下ろす,または上げる」や「手を上げる」など,周囲にヒットした
   ことがわかるようにアピール
する.
   アピールが足りないとまた撃たれるかもしれませんが怒らないように.
 6.「死体は喋らない」ヒットした人が味方に敵の情報を話すのは厳禁です.
   情報が分かるような会話も慎みましょう.
   無線等を使用している場合はすぐにスイッチを切りましょう。
 7.ヒットしたらゲーム進行中は銃を撃たない.
 
  ゲーム中は銃声で状況を把握するのでヒットした者が発砲すると進行の妨げになります。
   生存者と間違えて誤射されたり流れ弾が他の人に当たる恐れがありますので調整のための試射,弾抜き,
   空撃ち等はゲーム終了後に指定された場所でのみ行ってください
..
 8.ゾンビ行為・極悪銃の使用は,これを厳に慎む
   ゾンビや不正行為の情報はトラブル防止のため個人同士で言わず隊長へ申し出てください。
 9.ゴミ等を持ち帰り,フィールドをきれいに保つ.
   終了後はセーフティー周りの弾を出来る限り回収しましょう。
 10.けが・事故・喧嘩等に注意し、ゲームを楽しむ。

「フリーズ」コールについて
 「フリーズ(動くな!)」コールとは敵に気づかれずに接近し、「フリーズ」とコールしてヒットを取ることです。
 待ち伏せに気づかずに接近してきた敵にもおこなうことができます。
 ただし、フリーズはあくまでコールであって実際の攻撃ではありません。
 よってフリーズ=ヒットではないため状況によっては拒否して反撃または逃亡することも可能です。
 しかし相手は至近距離ゆえに発砲せずにコールしている場合もありますので拒否して発砲されると
 ダメージが大きいことも覚悟しましょう。
 反撃不可能な状態であれば素直に負けを認め、紳士的な対応をお願いします。

「ナイフアタック」について
 「ナイフアタック」とは密かに敵の背後に忍び寄りラバーナイフやピコピコハンマー、その他アイテムで
 敵を狩るとても高等な技術を必要とする攻撃です。
 それゆえに狩られた方はこの上ない屈辱を味わうことになります。
 ナイフアタックはフリーズコールと異なり、直接の攻撃ですから反撃不可能で即死となります。
 なお、アタックといっても本当に格闘するわけではないのでアイテムで軽くタッチする程度にしましょう。
 ナイフアタックを受けた人の重要な注意点があります。
 それはアタックを受けたら無言で立ち去ることです。
 音も無く誰にも気づかれづに接近するのがナイフアタックなので、タッチされた人が大きな声でヒットコール
 するとアタッカーは所在がばれてしまいせっかくの攻撃が無駄になってしまいます。
 アタックを受けた人は高等技術に敬意を払い、できるだけ周囲の味方に気づかれないように無言で手を上げる
 などして静かにその場を離れ、進行の妨げにならない場所でヒットコールしましょう。

他のチームから参加される方へ
・OCELOTは基本的に混合チームでゲームをおこなうので他のグループから参加される場合も
 くじ引き等でチームが分かれる場合があります。
・トレーニング等でチームとしての作戦行動を希望される場合はご相談ください。
・OCELOTは独自ルールもありますので事前に下記レギュレーション・ルールを理解した上でご参加ください。

※特に「フリーズコール」・「ナイフアタック」は十分に理解しておいてください。


「ナイトゲーム(夜戦)について」こちら>


これからゲームを始める方で銃や装備の購入を検討の方は 
「ビギナー向け準備講座」ご覧ください こちら>