ボディーカウントをしましょう。

敵も味方もどこで何人退場したかを把握しましょう。
ボディーカウントとは「人数把握」です。
敵も味方も残り何人かを数えてゲームの進行状況を確認します。
フラッグを取っていなくても相手が全滅であれば終了となります。

しかしこのボディーカウントも敵味方の数と誰がどこでやられたかを確認することでフィールド内の
戦力分布が把握できます。
下から全く見えない迂回ルートから味方が一人で戻ってくれば迂回の敵が前進中でその対応に誰
かが移動する必要があります。
逆に敵だけが降りてくれば味方は前進中なので威嚇射撃や囮で敵の注意をこちらに惹きつける
必要があります。
高火力の敵が退場すれば突破のチャンスが生まれ、それが味方であればそこへ戦力の補充が
必要になります。
敵のスナイパーが退場すればとりあえず他の音に紛れて意外な方向から撃たれる心配がなくなり
ますが退場していなければスナイパーに有利なゾーンにうかつに踏み込むのは危険ということになります。
残りがあと一人となれば「キツネ狩り」モードに突入します。
フラッグに攻め込む時に味方の人数が多ければ誰かが囮で撃たれても敵の位置の把握や攻撃、
フラッグゲットが容易になりますが味方も少なければ慎重に進まなければなりません。
セーフティーが見える場所であれば途中でセーフティーの人数を確認するのも有効です。

ボディーカウントは全体が見渡せる場所にいる人の方が把握しやすいので中間や後方にいる人は
何となく待つのではなく全体に注意しましょう。




                     戻 る